兵庫リレーカーニバル1500m試合報告


4/25に行われました、兵庫リレーカーニバルGP1500mに田母神が出場し、3'50"25 9着でした。応援ありがとうございました。


飯島も出場予定でしたが直前のアクシデントにより、欠場となりました。しかし、大事には至らず、現在は練習を再開することができています。次戦は東日本実業団1500mを予定しています。


【レース報告】


兵庫RC当日、競技場はバックストレートが大きく向かう中で行われました。


その中で、DeNAの館澤選手が先頭を59秒で引くもの、2、3周目とタイムがおち、出場選手全員が余力を持った中でラスト一周を迎えました。




誰がいくかと牽制状態の中、鐘の鳴る前から徐々に位置を上げた田母神が、果敢に先頭に踊りでました。しかし、バックストレートの強風のなか他の選手に前に出られると、最後の直線も伸びることができず、悔しい9着と言う結果になりました。


残り1周のスパートを見た時は2018年日本選手権1500mのレース(3位)を思い出しました。気になった方はぜひ視聴してみてください。

https://youtu.be/zqCzNnePhJc


以下田母神のコメントです。


兵庫リレーカーニバルでは、スローの展開となりました。

仕掛けどころを考えて、ラスト一周でレースを動かしました。

動かしただけのレースとなってしまい、自分の力不足を痛感しました。

しばらく1500mのレースがないので、800mに切り替えてやっていきます。


応援ありがとうございました。




15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示